The Japan Cupは、NMFの最大の催事です

The Japan Cupの表彰式では、5つの各賞が贈られます。
さらに、各賞受賞者の中から、本賞である「The Japan Cup」(写真)が贈られます。The Japan Cupのトロフィーは持ち回りで、2001年の功績で2002年に第1回の受賞をされた、前田知洋氏のお名前を先頭に、毎年のThe Japan Cup受賞者のお名前が刻まれています。

受賞者のお名前が増えるに従って、トロフィーは継ぎ足され、大きくなっていきます。2100年に功績を残したマジシャンのお名前を2101年に刻めば、21世紀のマジック界で活躍された100名のお名前が刻まれることととなり、このトロフィーは正に21世紀の記念碑となることでしょう。

価値ある歴史的一瞬を、あなたとも是非、分かち合いたいと考えます。
どなたでも参加して戴けます。皆様のお申し込み、お待ちしております。

NMF会長 田代 茂

2020年のトロフィー

The Japan Cup について

ジャパンカップ受賞トロフィー

The Japan Cupは、JCMA/Japan Close-up Magicians' Association(日本クロースアップ・マジシャンズ協会)が、21世紀に日本で活躍したマジシャンを讃えるために、2002年3月21日より毎年3月に実施している催事です。(21世紀の最初の1年に活躍された方を、2002年3月に表彰しました。)The Japan Cupを、2101年まで100年間継続することで、21世紀に日本で活躍したマジシャン、100名が選ばれることとなり、その100名のお名前は、有志が作成したThe Japan Cupトロフィーに刻まれていきます。

JCMAの組織変更に伴い、The Japan Cup 2019より、運営団体が日本マジックファンデーション(NMF)に変わりました。

The Japan Cup受賞者の選考をより開かれたものにするため、各賞受賞者につきましては、公募制を導入することと致しました。自薦・他薦を問わず、広く受賞候補者を推薦して下さい。締め切りは毎年6月30日とします。メールまたはFAXでご応募下さい。自薦者・他薦者の情報につきましては、日本マジックファンデーション役員間でのみ共有され、公表されませんので、どうぞ安心してご応募下さい。

Eメール:info@smilelife.biz
FAX: 048-543-8088

The Japan Cup 2020 各受賞者

以下の受賞者から1名、2020年のジャパンカップ受賞者が選ばれます!

HARA

マジシャン・オブ・ザ・イヤー受賞者:HARA

1990年4月16日生まれ。2009年、ラスベガスで開催された、ワールド ・マジック・セミナーのジュニア・コンテストで優勝。翌年には、これを 題材としたドキュメンタリー映画「Make Believe」が制作され、話題 となった。2012年、平成24年度和歌山県文化奨励賞受賞。2013年、 日本奇術協会平成24年度ホープ賞受賞。2016年、「America's got talent」にて演じた「IBUKI」が世界的に高い評価を受け、以後30ヶ国 以上からテレビやショーの出演依頼が殺到。活躍の場が世界に広 がった。2019年、Merlin Award「Mostcreative illusionist 2020」受 賞。テレビ番組「情熱大陸」(毎日放送/2019年11月24日放送)では、 氏のマジックに対するひたむきな姿勢が、一般の視聴者にも感動 を与えた。2020年は、自身初の全国ツアーを企画され、東京、大阪、 愛知、北海道、埼玉、静岡、奈良、兵庫、香川、鹿児島で公演予定。

高橋匠

ベスト・クロースアップ・マジシャン受賞者:高橋匠

1993年生まれ。アメリカ留学後、弱冠20歳で単身でスウェーデンに 渡り、レナート・グリーン(Lennart Green [1941年生まれ])氏の唯 一の弟子となる。当時、既に70歳を過ぎていたレナート氏の身の回 りの世話をしながら、カード・マジックの指導を受けるという、「内弟 子」のような生活を、日本とスウェーデンを行き来しながら続けら れた。2017年頃より、世界のマジック界で注目を集めるようになり、 シン・リム(Shin Lim)やダン&デイブ(Dan&Dave)がプロデュースし たDVDに出演。同年11月には、中国のマジシャン対決番組「超凡魔術 師: The Amazing Magicians」に出演。優勝を果たす。 この動画は、 YouTube上で公開され、2年間で約48万回再生された。2019年には 「Asia's Got Talent」の他、日本のテレビ番組にも多数出演され、 一般の方々に、カード・マジックの楽しさ・素晴らしさを伝えられた。

ROUTE13(ルートサーティーン)

著述放送文化賞受賞者:ROUTE13(ルートサーティーン)

能登竜真氏が、数々のタレントをマネージメントした経験を踏まえ、2014年に発足させたのが、日本初の「不思議な現象を創出する専門家チーム」としての「ROUTE13」。現在のメンバーは、テツヲ氏、シンゴ氏、Magura(マグラ)氏の3名。テツヲ氏は、クリエイターとして、「壁のメニューからハンバーガーを取り出す」現象等を考案してこられた。シンゴ氏は、パフォーマーとしての経験から、アイデアを形にする役割を担い、テレビ番組やライブ・ショーの制作に深く関わってこられた。Magura氏は、「トランプマン」の正規アシスタント時代の経験を生かし、演技の構築に力を発揮される。チームとして、『みんなDEどーもくん!』(NHK/BSプレミアム・2019年5月21日)など、テレビでの活躍の他、インターネット用動画の提供でも高く評価されている。これまでに制作した動画の総再生回数は、5,000万を超える。
(写真は左からMagura(マグラ)氏、テツヲ氏、シンゴ氏)

謳歌

功労賞受賞者:謳歌

マジックの近接領域として、「オプティカル・イリュージョン」という 分野を確立され、世界22ヶ国で公演を行われた。国内外のテレビ番 組、30本以上に出演され、YouTubeの動画も500万再生を突破。そ の中で、ご自身の公演活動のみならず、マジックやジャグリング等、 様々なパフォーマンスを組み合わせたライブ・ショーを企画される ようになった。2015年の「TrueAct 2015」は、先行販売されたチケ ット100枚が、1分47秒で完売となった。また、ショーの制作資金を、 クラウド・ファンディングで調達されたことも、多くの関係者に衝撃 を与えた(2019年2月に開催された同名のショーでは、392名の賛 同者から、321万円余の資金を得ることに成功)。「ショーを企画して も観客が集まらない」という、マジック界に蔓延していた閉塞感を、 新しい手法を駆使し、熱い情熱を傾けて打ち破った功績は大きい。

渕脇洋介

MNF・フェローシップ受賞者:渕脇洋介

マジックとの出会いは、1962年、中学2年生だった当時、阪急・梅田 店のマジックコーナーにて。1974年、早稲田大学入学。同大のマジッ ク・クラブに入られるも、翌年には同クラブから離れ、有志4名で「早 稲田大学マジックハーモニー」を設立。2012年、JCMA(日本クロース アップマジシャンズ協会)に入会。JCMAが主催するマジックの文化 活動に毎月熱心に参加された。JCMAが、公益財団法人東京観光財 団からの打診を受け、FISM/WCMの日本招致を検討する中で、田代 茂会長(当時)のたっての願いで、2017年、同会相談役に就任。同財 団との折衝を一手に引き受けられ、同時に会場選定及び業務委託 のため、多数の企業に出向かれ、招致に向けて努力された。結果的 に、招致は断念するところとなったが、「将来のために」と、今回の 招致活動に関する報告書を作成された。2019年、JCMA相談役退任。

授賞式

2020年3月24日(火) 19:00 ~ 22:30
東京 帝国ホテル(本館3階、舞の間)にて